ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここから本文になります。

職員紹介Members

03 制作部

公演が出来上がっていくのを
間近で見ることができる刺激的な仕事です

オペラF・Mさん
平成25年4月入社 
出身学部:外国語学部

Question.01新国立劇場運営財団を志望した理由を
教えてください

学生の頃からコンサートホールやオーケストラを支える仕事をしたいという思いは漠然とあったものの、実際にはそういったポストはなかなか見つけることができずにいた折、偶然、大学の就職案内で新国立劇場が事務職員を募集していることを知りました。新国立劇場は学生時代にもよく公演を観に行っていた場所だったので、業務に携わりたいと思い志望しました。

Question.02現在はどのような仕事をしていますか。
やりがいを感じることは?

オペラの公演を制作する部署にいます。公演の企画立案、キャスティング、交渉・契約、合唱団のマネジメントなど、様々なことをしている職員がいますが、その中でも私は稽古期間から公演当日にかけて稽古のスケジュールを調整し、アーティストの世話をし、稽古と公演を実際の形にしていく業務を担当しています。業務の内容は実に多岐にわたり心身共にハードな局面もありますが、その分、公演が出来上がっていくのを間近で見ることができる刺激的な仕事です。

Question.03これまでで一番印象に残っている
仕事上のエピソード、苦労話などが
あれば教えてください。

具体的なエピソードではありませんが、稽古を終えて公演が初日を迎えた時、そして最終日(千穐楽)を無事終えた時というのは何度経験しても代え難い達成感があります。カーテンコールが大きな拍手と歓声で迎えられた時には、それまでの大変だった出来事など全て吹き飛ばすような嬉しさを舞台袖で感じています。

Question.04職員から見て、運営財団とはどのような
職場ですか?

様々な経歴と背景、そして個性と専門分野を持つ人々が一箇所に集まり、同じ目標に向けてそれぞれの仕事をする、という実に多様で魅力的な職場だと思います。年齢や経歴を問わず、範囲が広く責任ある仕事を任されることもありますが、その分若いうちから自由な発言や意見交換も受け入れてもらえるので、自分の経験や能力を予想以上に駆使することができると思います。

Question.05どんな学生時代でしたか?

外国語学部に在籍しており、日々語学の勉強に追われていたように記憶しています。また、所属していたオーケストラや室内楽での活動も随分心血を注ぎましたし、最終的にはそこでの経験がこの仕事を選ぶ決め手となりました。

Question.06今後の目標、取り組みたい仕事などを
教えてください

舞台芸術の重要な要素の一つに、それが「生の芸術」であり、現代社会と切り離すことができない、という点があります。ついつい細かく膨大な仕事に追われる日々ですが、長期的な視点で「舞台芸術がどう社会と関わるべきか」「社会における舞台芸術の必要性とは何か」といったことについても考え続けていきたいと思っています。

1日のスケジュールSchedule

9:30
出勤(出勤時間はその日のリハーサルの時間と内容によってまちまちです。早くても9:30、遅いと13:00くらいに出勤することも)。メールチェックと返信。
10:00
オフィスから稽古場へ。会場設営・準備。出欠確認。
10:30
稽古(午前の部)開始。集まったキャストやスタッフを紹介。
稽古の様子を確認しつつ、オフィスを往復して公演プログラムの校正作業。
11:00
外国人歌手が衣裳合わせに到着。衣裳合わせの部屋までアテンド。ひどい時差ボケで体調を崩していないか、などコミュニケーションを取りつつ気遣うのも重要な仕事です。
13:00
稽古(午前の部)終了。昼食。
14:00
稽古(昼の部)開始。午前と同じように稽古場とオフィスを往復。頭では現在進行中の演目を気にしつつも、オフィスでは先の演目について電話とメール。
15:30
稽古が休憩に。指揮者と演出家や、そのアシスタントたちと翌日のスケジュールを打合せ。確定したものをアーティストほか、関係者に伝えていく。
17:00
稽古終了。片付けと簡単な打ち合わせ。リハーサル室の予約など、今後の稽古の準備をすすめる。
18:00
オフィスに戻ってくる。残っている事務作業を片付け、オペラ制作の他の職員へ報告と相談など。
19:00
退社。

運営財団を志望する皆さんへ

それほど大規模な組織ではないので、自主的によく観察し、失敗を恐れずに自らぶつかり学ぶ、という前向きな姿勢は非常に重要です。劇場を支えるための仕事は非常に多岐に渡り、外面の華やかなイメージとは違って地味で、目立たないにも関わらずハードな仕事の積み重ねですが、前向きで熱意に溢れた人々が集まっています。舞台芸術を支える仕事への想いを持つみなさんと一緒に働けることを楽しみにしております。

New National Theatre, Tokyo - ONLINE TOUR
New National Theatre, Tokyo - ONLINE TOUR
オペラ・バレエ・演劇、各ジャンルの舞台ができるまでの過程や舞台裏、スタッフの仕事を映像を交えてご紹介しております。

エントリーはこちらから

採用に関するお問合せ

〒151-0071 東京都渋谷区本町1-1-1
公益財団法人新国立劇場運営財団
総務部総務課人事係
Tel:03-5351-3011(代表)

このページの上部へ戻ります。

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。